ワンオフ竜也をお迎えに行ってきました!!

前回のブログから結構経ってしまいました。
実はワンオフ君のお迎えを早くしたくてしたくて、彼のことで頭いっぱいだったから他の子を撮る気になれなくて。かといって昔の写真を編集する気にもなれなくて。
白封筒が届いてからお迎え可能日の昨日がやってくるまで長かった~~;▽;

ということで、昨日無事にお迎えしてきましたCieraさんメイクの窓ワンオフ、SDGr近衛竜也くんです~!名前は秋の夜と書いて、秋夜<しゅうや>と命名!夏琉の対の双子です。

014

サイトのTopだけ昨日こっそり彼に変えてましたv
とぉーーーっても色っぽいメイクをしております…!正直、お迎えする前はウィッグ被ってたし、照明の関係でメイクの詳細がそこまで分からなかったけど、近くでよぉーく見て、そのメイクの神業に感動。毎度そうですが、Cieraさんのこのラインのメイクはほんっっとうに好き!!!!!

015

こちらがデフォ服。GW中のワンオフでゴールデンフェアなるものをやっていたからパンツがドえらく派手仕様ですwこちらのパンツだけ欲しがっていた友人がいたのであげましたwwwワンオフの衣装は記念に取って置きたいとは思うけど、この金ぴかパンツはさすがに…使えそうになく…

tw003

で、早速着替えました♪
昨日ご一緒させて頂く約束をしていた同期の可愛らしいワンオフシャルちゃんがドレッシーだったので、さすがにあのデフォ服じゃ素敵なお嬢さんをエスコート出来ないな、と思って。

tw003-2

デフォ竜也には全く似合わなかった衣装ですが、この子はメイクが華やかなので似合ってくれてよかった…!よくよく考えたら我が家は17サイズばかりでGrサイズの男子フォーマルが非常に少なくて^^;

011

窓の撮影箇所は暗くてちょっと撮りにくいのだけど、雰囲気はとても素敵なので、久々に撮れて嬉しかったな!
この鏡ポイント、とてもいい。

012

「俺の片割れ…いつか必ず見つけ出す」

013

十分すぎる程彼の設定を考える時間があったので、それはもう濃いのをつけましたw
ここからはオーナーの痛々しい秋夜君の設定です。ラストに拍手レス一件も続きます~!

夏琉と秋夜は出生がとても不幸な双子。夏琉は異国の地へ流され、秋夜はスラム同然の地に捨てられた。夏琉は国王様に運よく拾われて使用人という仕事を与えられて育てられたが、秋夜は何度も命を落としそうになりながらも懸命に生きてきた苦労人。そんな生活の中で知る由もなかった筈の双子の片割れがどこかに存在している、という確信だけは何故か強く感じ取っていた秋夜。いつか片割れを見つけ出す、という夢と意思を持ちながら育ったので、苦労人だけど、奇跡的に性格は曲がっていない。そんな彼がなんとか生きてこられたのは育ての親とも言える一人の男性に面倒をみてもらってきたからで、その人は情報屋を仕事としていた。双子の片割れを探すという目的を持っていたこともあり、自然に秋夜も情報屋の仕事をするようになって、今ではその道での名が通るほどになった。ちなみにシキルとは顔見知りで、よくシキルに金になる情報を売り渡したりしているw

とまぁ、つらつらと書きましたが、何が言いたいかというと、この子は物凄く苦労して育ったからいつも寂しそうな表情をしている、ということ。そして育ての親的な存在の男性とも不義の関係を強制させられて育ってます。本当に不幸な幼少時代を過ごしたけど、唯一の片割れの存在を感じ取って、それを糧に懸命に生きてきたのです…。溢れ出る色香はその人生観ゆえ。
秋夜…泣けるぜ…;;
そして私は本当、自分家の子を汚したくなるオーナーだなぁ…と。もうここまで不幸体質な子はもう現れないと思いますがw
これからも秋夜くんを宜しくお願い致します~!

以下拍手レスになります♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************

>5/29にコメントを下さいましたフミヒロ様

こんばんはー!!お久しぶりです*^^*お越しくださりありがとうございます!!!
お返事が遅れてしまい、申し訳ございませんでした><
そうなのです~!ワンオフ竜也くんを昨日お迎えしてきました!!
白封筒が我が家にくるのは初めてでしたので本当に信じられなくて、そしてとても感動的で…!何度も素敵なワンオフが当たっているフミヒロさんはこんな体験をしていたのですね!!>▽<
本日窓お迎え時の写真を載せましたのでみて下さると嬉しいです*^^*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>